このエントリーをはてなブックマークに追加

水を飲んで新陳代謝向上

水を飲む女性

ミトコンドリアを活発に

水素水は見た目や味はただの水ですが、大きなダイエット効果が期待できると言われています。人間がエネルギーを作る際に重要なのは細胞の中のミトコンドリアで、糖分などを使ってエネルギーを作り出す役割をしています。水素水の中に含まれている水素はミトコンドリアの働きを活発にすると言われていて、一説では1日のミトコンドリアのエネルギー生産率を30%も向上させると言われています。これと同時に水素水が身体の中の活性酸素を除去するので血液がサラサラになり、血行が促進されて身体の隅々まで酸素と栄養素が行きわたるようになります。その結果細胞の新陳代謝がよくなるのでエネルギーの消費量が向上してダイエット効果が上がると言われています。

飲むときの注意点

水素水はただ飲むだけでこれらのダイエット効果があるとも言われていますが、せっかく飲むのならばダイエットに効果的なタイミングで飲むようにしたいものです。そのタイミングは朝・昼・晩の3回です。肝臓の代謝ホルモンが活性化することで何もしなくても消費されるエネルギーである基礎代謝が向上していくと考えられているためです。その際には水素水に含まれている水素の量によって飲む量が変わります。1.0ppmの水素水ならば1回あたり500ml、5.00ppmの水素水ならば100mlと、1日当たり1.5mgの水素を摂取することになります。重要なのは飲んだ水素水の量ではなく、水素水の中に含まれている水素の量です。この点に注意しましょう。